パンフレットは中綴じ印刷がオススメ【専門の業者に依頼すると簡単】

スーツの男性

名前を覚えてもらう方法

カード

名刺は人の名前だけでなく、企業名や連絡先も載せることができます。そのため、渡した人との交流がもてます。また、名刺のデザインは様々ですので、自分にあったデザインを見つけることがとても大切です。

More Detail

卓上のカレンダーの種類

文房具

最近では壁にかけるカレンダーより、卓上カレンダーの人気がとても高くなっています。理由は、壁掛けより使い勝手がいいからです。卓上カレンダーは専門の業者に依頼することで作ることも出来ます。

More Detail

個性的な名刺を作るには

サラリーマン

会社に務めたり重要な役職についたりした時は、名刺を作ることでビジネスを円滑にすることができます。また、持っていないと名前を覚えてもらえないなどの、自分にとって不利益なことが起こります。

More Detail

パンフレットの綴じ方とは

パンフレット

パンフレットなどを作る時は綴じ方を決める必要があります。綴じ方だけで企業やお店の印象を大きく分けてしまうため、慎重に決める必要があります。最近の会社ではあまりこだわりがないため、同じようなパンフレットが多いです。そのため、他の企業とは違うパンフレットを作ることで他の企業との差別化をすることができます。

パンフレットの綴じ方で1番人気があるのが中綴じ印刷という方法です。この綴じ方は紙を半分に折って、そこをホッチキスなどでとめる方法です。本のような感じになるので、一般の人たちが読みやすいです。読者がよみやすいパンフレットを作ることが1番の理由になるため、まずは中綴じからはじめて見ることが大事です。しかし、他の企業と差別化したいのであれば、オリジナルの綴じ方をしたパンフレットを作ることが重要になります。

中綴じ印刷は業者に依頼することで簡単に作ってくれます。また、業者によって安いところもあれば高いところもあります。他にも激安なところもあるので費用を抑えたいのであれば、激安な場所を選んでも大丈夫です。そこは自分の費用と相談して決めることがとても大切になります。

中綴じ印刷はページ数が決められていることもあるので、ページ数をしっかり調べることも大事です。理由としては、ページが少なすぎると綴じてもらえないからです。一般的な業者は最低8ページから作ってもらえます。そのため、少ないページでは作成してくれません。